ヒアルロン酸の注入であごを出す

あごを前に出すためにはいくつか方法があります。一度きりの処置で半永久的に効果を期待したいのなら、シリコンを入れる方がいいでしょう。唇の裏から切って行いますが、これだと持続性が強いでしょう。またもっと気軽に行いたいという場合はヒアルロン酸の注入などもあります。こちらは注射するだけで終わりですから、処置もすぐに終わります。シリコンを入れる時とは違いかなり気分的にも楽かもしれません。ただヒアルロン酸の場合は効果があまり長くは続きません。1年くらいはそのままでも大丈夫ですが、次第にヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、新たに注入する必要がでてくるでしょう。今の状態を保ちたいのなら、定期的に注入するという事も念頭に置いておかなければいけません。料金的なこともありますが、自分にとって負担の少ない方を選ぶようにしましょう。

あごを出す処置後の腫れなど

あごを出すにはヒアルロン酸の注入などの方法があります。こちらの場合は注射でヒアルロン酸を注入するだけなので処置も10分程度で終了するでしょう。注射したところは痛いかも知れませんが、その後は特に問題もなく見た目にも違和感はありません。またこれに対し、シリコンを挿入する方法もあります。こちらは唇の裏を切開して行いますから術後に少しの間だけ腫れが残る事が多いようです。1週間くらいはあごが腫れますから、仕事などをしている場合は少し考えた方がいいでしょう。ただこちらの方が効果の半永久的に続いてくれます。ヒアルロン酸の場合はだいたい5万円程度ですみますが、こちらの場合は定期的に摂取する事が必要ですから長期的にかかってくる費用面の事も考えた方がいいでしょう。手術の場合は30万円以上しますが、効果はほぼ永久的に続いてくれます。

顔の輪郭の要、あごを出す手術について

誰しも理想とする顔がありますよね。自分の顔がもっと美しかったら、と女性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。美しい顔を構成する要素は、目や鼻などのパーツだけではなく、輪郭のバランスも重要です。鼻から唇、あごにかけてのラインがきれいに整っているととても美しくみえます。日本人は骨格的にあごが小さい人が多いので、なかなか美しいバランスのひとはいません。そんなときには美容整形で、あごを出す手術を行ってみてはいかがでしょうか。手術の種類も様々です。簡単なものはとても短時間で終わらせることができます。あごにシリコンをいれたり、ヒアルロン酸などを注入したりします。術後もそこまで腫れたりすることなく経過することが多い、安全性のたかい手術として知られています。値段もそこまで高額ではありません。自分の顔のコンプレックス解消のために、行ってみてはいかがでしょうか。