美容整形外科であごを出す方法

顔を小さくしたいと考えている方の中には、フェイスラインが理想的な状態でない場合があります。そこで、フェイスラインを整えるポイントとなっている個所があごです。この部分が引っ込んでいるとバランスが悪く、顔が大きく見えてしまいます。実際に小さくしたいなら、美容整形外科での治療です。色々な治療方法がある中、あごを出す手術としてシリコンプロテーゼを入れる方法です。引っ込んでいる場所を前へ出せるので、非常にバランスの良いフェイスラインを手に入れることが出来ます。傷跡なども口の中から行う為、傷の治りも早く傷跡も目立つことはないです。手術時間もおおよそ30分程度なので、長時間の大掛かりな内容ではない為、初めて美容外科の手術を受ける方も安心です。シリコンプロテーゼは半永久的に理想のフェイスラインを保てるのも魅力のひとつとなっています。

あごを前に出す美容整形

顔の美しさは正面から見たときだけではなく、横顔が美しいことも大切です。横顔の美しさを決めるポイントとしては鼻の高さも大切ですが、あごのラインも大切です。あまりに前に出すぎているのもバランスが良くありませんが、日本人はあごが引っ込んでいる人が多く、それが横顔の美しさに影響が出てしまうことも少なくありません。とはいえ、こうした悩みはメイクだけでは改善はかなり難しいと言えます。髪形などで工夫して目立たなくするという方法もありますが、しっかり悩みを解消するのであれば美容整形も有効です。手軽な方法ではヒアルロン酸注射で前に出すこともできます。この方法であれば、永久的な効果ではないものの、注射だけで短時間で効果を出すことができます。そして、よりしっかりと効果を出したい、永久的に持続させたいという場合はプロテーゼの挿入も考えてみましょう。

あごを半永久的に出すことができる整形

美容外科では顔の輪郭というコースも人気がありますが、輪郭の中でも気になるところにあごという部分があります。一般的にこの部分は出ていますが生まれつき出ていない人も多く、出ていないのを出すという美容整形のコースもあります。あごというのはないと顔の輪郭のバランスが悪いことや、横顔にもオウトツがないので平たんな顔に見えてしまうことが多いです。そこで美容外科ではシリコンプロテーゼを使って前に出すことができ、その人の顔の輪郭に合ったシリコンプロテーゼの形を作り唇の内側から入れていきます。このシリコンプロテーゼの施術にかかる時間は約30分ほどで、施術後のダウンタイムである腫れは一週間ほど続くようになります。このあごのコースは唇の内側から切るので修復力も早く、他の美容整形よりも回復するのが早いのがメリットです。